水槽のエアレーションの騒音対策

水槽のエアレーションの騒音対策

熱帯魚の水槽には水中の酸素を供給するためにエアレーションを行う場合があります。 ポンプによって水中に空気を送り込み水に直接酸素を溶かし酸素量を保つ仕組みです。 しかしこれにより音がする問題があります。 一つはエアレーションの空気が水面に上がり破裂する際のポコポコという音、もう一つがポンプ自体の作動音です。 空気の破裂音についての騒音対策としては水槽のフタを閉じる他、空気の泡がなるべく細かくなるポンプを選ぶ事によりある程度緩和が期待できます。 次にポンプ自体の作動音ですが最近のポンプはかなり静かになっています、古いポンプを使っている場合は新しいポンプに変えてみると音が減る事があります。 またポンプの作動音と思っていたものがポンプの振動により板が音を出している状態だったという事があります。 この場合の騒音対策としては水槽の置き場所を変えるほか、ポンプの下に緩衝材を敷いてみるといった方法があります。 最後の手段としてはショップに行き一番静かな水槽を探して店員に同じものを頼むという方法があります。

2017/2/15 更新